2015年11月13日

敷地

建築の設計は、敷地を見ることから始まります。

最初はぼんやりと、少しずつ色んな要素が見えてきて、そこに建つ住宅のかたちや空間構成もその場で何となく見えてくることもあります(すぐには見えないことも多いです)。

建て主さんのご希望や考えを聞くと別の見え方がして、一気に案が展開することもあります。その場合でも、やはり敷地を見ておくことは重要です。

2015-11-10 12-27-23








今日の事務所~荒木毅建築事務所の日々の覚書~


takeshi_araki at 11:24コメント(0)トラックバック(0)日記   mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

荒木 毅

東京都杉並区の南阿佐ケ谷にて、住宅を中心に建築の設計をしています。散歩するのと歌うのが好きで、混声アカペラクインテットにハマってます。

記事検索
Houzz
リノベーションとホームデザイン
最新コメント
最新トラックバック
第14回 家づくり杉並講座 (日々好日・・いちよう)
杉並講座
のち雪の情報 (ネットの海から拾ってきた情報発信)
雪の誕生日
内覧会 (国立方面ダイアリー)
09/12/30


杉並区情報


月別アーカイブ
  • ライブドアブログ